エンジニア転職

エンジニア転職マニュアルについて

 エンジニア転職マニュアルは、ITエンジニアの転職を応援するサイトです。プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、デザイナーなど実際に転職してキャリアアップ、年収アップを実現している方はたくさんいます。ITエンジニアのキャリアプランの立て方、IT企業が欲しい人材とは?などエンジニア転職する上で、知らなきゃ損する情報が満載です。エンジニア転職をお考えの方に、最新の転職情報をお届けし転職活動を行う上での悩み事を現役ITエンジニアの管理人が解決します。

コンテンツ一覧
エンジニア転職マニュアル 新着情報

転職しようかな?と考え始めるかたも少なくはないですよね。これから転職活動をはじめようとした場合、考えて欲しいことがあります。それは「転職をしたい理由」についてです。このように転職したい理由をきちんと明確にしておくことが戴せうtです。それは転職活動を行うにあたって自分の目的と手段にブレが生じてしまうためです。きちんとキャリアプランを立ててから自分が転職したい理由や転職で自分が目指している「将来の自分像」について考えるようにしたほうがよいでしょう。

自分がたてたキャリアプランに沿って「転職をしたい理由」をしっかりと考えてみてから、今は転職をする必要は無いと判断をするのも一つの解決方法だとおもいます。もしかしたら、勤めている現在の会社でキャリアを積むことによって学べることもあるかもしれません。「転職」という転機はあなただけでなくて、あなた自身の家族や勤めている会社にたいしてもおおきな影響を与えてしまうからです。

もしかしたら、転職してしまってから後悔することがあるかもしれません。このように後悔をしないためには、転職について良く考えてから転職活動を始めるようにしたほうがよいでしょう。漠然と転職をしたいと考えているけど、明確な理由がないという人は、大きな白い紙に自分の「やりたいこと」、「できること」をそれぞれ書き出してみることからはじめるようにしましょう。

モノづくりエンジニアが転職する際に経験やスキルの伝え方にはどのような方法があるのでしょうか。面接において自分自身の経験やスキルを企業に伝えることが一番大切なことですが、それは言うまでもありません。伝える相手が役職者であり、人事担当者だったり現場責任者、現場のエンジニアなどさまざまなケースがあります。

そして同業種であればまだ良いのですが、異業種へ転職するtきには自分が属する業種や会社をよく知らないこともあるのではないでしょうか。今回は、面接の基礎の基礎であるモノづくりエンジニア転職での経験やスキルの伝え方をご紹介します。経験やスキルを伝えるにあたり、自分がどのような会社に勤めているのかを伝えることになるでしょう。

それは業界内の立ち位置として、完成品を取り扱っているのか、それともサプライヤーとして部品などを製造しているのかというように業態が変わってきます。自動車業界で例えれば完成車品メーカーなのかエンジンメーカーなのか、エンジンの部品メーカーなどに分類することができるでしょう。続いて、業務内容を伝えていくことになります。

"何の"製品の、"どのような"部品で"何について"を担当していたのかを簡潔に伝えるようにしましょう。再び自動車業界で例えれば「自動車のエンジン全体の生産技術を担当しています。そして20名が所属する生産技術課長」という表現になるでしょう。この時にポイントは、"何"を担当していたのかという点をいかに企業側に伝えることができるかなのです。

企業や取り扱う製品によって生産管理のみ行うところもありますし、生産管理と品質管理の両方を行うこともあります。"生産管理"といった言葉で終わらせるのではなくて、自分がどのような業務を担っていたのかをきちんと伝えるようにしましょう。ひとえに"生産管理"と称したとしても、あなたの解釈と企業の解釈は合致するとは限りません。あなたと企業が共通認識を持って企業がイメージを抱けるように経験やスキルを伝えることはモノづくりエンジニアが転職する成功の鍵となるでしょう。

エンジニアから知的財産部門、特許部門へ転職できる可能性はあるのでしょうか。メーカーで開発や研究開発などの業務を担当している方が知的財産部門や特許部門へ転職を希望されるケースが見うけられます。企業によっては知的財産部門や特許部門がないことも多いため、自身で特許出願を担当していくうちに、さらに専門的なキャリアを積んでいきたいと考えるようになってくるのではないでしょうか。

特許関連で中途採用が実施される場合、そのパターンには二つあります。一つは企業の知的財産部門や特許部門での採用です。もう一つは特許事務所または特許コンサルタントでの採用となります。知財関連や特許関連の専門性、そして知識が要求されるだけではなく、弁理士資格を保有している者に採用対象が限定されることも多いようです。そのため未経験者を採用するケースはかなり稀なものとなっています。

未経験から知的財産部門や特許部門へと転職する可能性を高めていくためには、いかにして近しい経験を積んで転職可能性を高めることができるのかが重要なポイントとなります。転職の可能性を高めるためには、現職において知財関連や特許関連の業務に携わったり、知識を深めていく方法が考えられるでしょう。現職において知的財産部門や特許部門に異動希望を出してみたり弁理士の資格を取得するというように出来る限り経験を積むことを考えたほうがよいでしょう。

製造業では全体的に生産量や受注高が好転しています。その中でモノづくり業界の中途採用市場では技術営業であるサービスエンジニア、セールスエンジニア、FAEなどの求人が特に増えていく傾向にあります。生産量や受注高が最盛期の水準にまでは達していないので、設計職の中途採用については強化されてはいません。

しかし、既存顧客のサポートに加えて、販路拡大をおもな目的とした技術営業採用が実施されるようになったのです。その中でも特に採用が強化されている業界は、半導体業界と医療業界です。世界的に受注高が回復の基調である半導体業界では、市場範囲が国内にとどまっておらず、グローバルな世界へと拡大傾向にあるのです。

そのため、業界や製品経験に加えて、英語を用いたビジネス経験のあるFAEは企業から求められる傾向が強まっているのです。英語力に自信がないという方は、最低限英語を勉強していることをアピールするようにしたほうがよいでしょう。また、高齢化社会の進行に伴って市場が拡大している医療業界の場合は、医療業界経験のある技術営業の方を求めている傾向にあるのです。

新卒採用ピーク時期というものがありますよね。その時期のメーカーの中途採用方針は現在、どのようなものになっているのでしょうか。2月に入ってから各社から2011年の4月入社の新卒採用計画がつぎつぎに発表されています。既に新卒採用を始めている企業もあります。これから4月にかけては新卒採用のピークを迎えるといった時期にあたるのです。転職希望者にとっては、中途採用に関係する情報を収集するために、新卒採用計画は、企業を選ぶときの重要な判断材料の一つになりますよね。

今回は、2月~4月のメーカーにおける新卒、そして中途のそれぞれの採用方針から鑑みる、転職活動の進め方についてご紹介します。まず、新卒採用に重点を置くといったケースです。現場のエンジニア不足の払拭や従業員の年齢構成バランスの是正を理由にして、この景況の中、あえて中長期的な経営視点での新卒採用を重視する企業もあります。そして中途採用においては、さらに経験やスキルなどで即戦力性を要求するといえます。新卒採用の技術者を育てる方針から、中途入社の技術者には自ら職域を広げるような主体性を求めてられてきています。

その反面、新卒採用を他社が進める時期をねらい中途採用に重点を置くケースもあるのです。新卒採用には、事業計画を立てやすいメリットがあります。その一方で経験やスキルが乏しいため、技術者としてだけではなく社会人としての研修をおこなわなければならないため工数がかかります。このようなデメリットが想定されます。そこで、採用競合が少なくなるタイミングに優秀な技術者を採用しようという意図がでてきます。

サイト情報